ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月26日

フェルナンド・トーレス、2年ぶりの復帰を宣言

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 どうやらフェルナンド・トーレスは、胸に燻り続けてきたその想いに、もはや耐えきれなかったようだ。2019年8月に、日本のサガン鳥栖で最後のプレーをして以来21ヶ月あまり、37歳となった元FWは自身のインスタグラムにて現役復帰を宣言した。

 「僕は人生を1つの方法でしか理解できないんだ。それはプレーすること。だから戻ってくることにしたんだ」さらにスペインのASでも、同選手について「トーレスは再びサッカーをする準備を行なっている」と報じており、もはやその信憑性について疑う余地はなさそうだ。かつてワールドカップ、そしてユーロでも優勝を果たした元スペイン代表は金曜日にも、自らこのことについて声明を発表する模様。

 「エル・ニーニョ」の愛称で親しまれたストライカーは、17歳の時にアトレチコ・マドリーにてプロデビューを果たし、2007年より戦いの舞台をプレミアリーグへ。リヴァプールFC、チェルシーFCでプレーし、それからACミランを経て、アトレチコへと復帰。最終的には2018年から1年間、日本のサガン鳥栖にてプレーし現役生活にピリオドを打っていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報