ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月28日

コンテ監督がインテル退団。後任はインザーギ監督?

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでに伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトは、アントニオ・コンテ監督がインテルにて来シーズンも指揮をとることなく、51歳の指揮官はこのままミラノの地を後にすることになると報じていたが、水曜夕方にはクラブ側より正式に発表がなされた。

 またも2年で終わった。ライバルのACミランを抑えて、セリエA優勝を成し遂げた同氏だったが、その一方で中国のオーナーが緊縮政策を計画し、それにコンテ監督が協力したくないのでは、との憶測がこれまで流れていた。

 伝えられるところではインテルはそれにより、1億ユーロ以上の節約を検討している模様で、もしもそれが実行された場合ルカクやハキミの売却など、チームのダウングレードはもはや避けられない事態へと陥る。

 退団にあたってインテルのクラブ公式では、「クラブの全てが、19度目となるスクデットの獲得に至るまでの、アントニオ・コンテ監督の卓越した仕事ぶりに感謝の気持ちを評したい。このクラブに永遠にその名が刻まれる」との声明が発表された。

後任はインザーギ監督で決まり?


 イタリアでの情報によれば、過去22年に渡りラツィオに在籍してきたインザーギ監督がローマを後にし、すでにインテルの次期監督として、内定済みだという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報