ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月27日

レアル・マドリード、ジダン監督の退団を発表

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 クラブのレジェンドの退団には、劇的な類似点もつきものだ。2006年5月7日、レアル・マドリードの選手として最後の試合を飾った相手がビジャレアルであり、そしてそれから15年後にレアル・マドリードの監督として最後に戦った相手もまた、ビジャレアルだった。

 2001年から2006年までは選手として、2016年1月から2018年5月までは監督として、レアル・マドリードに在籍していた元フランス代表MFは、クリスチアーノ・ロナウドが退団した激動のシーズンの終盤にサプライズ復帰。

 翌シーズンにはレアルを再び優勝へと導くことになるのだが、しかしながら今季はマドリードのライバル、アトレチコに優勝を奪われるなど初めてフルシーズンを無冠で終了。

 そして5月27日正午、レアル・マドリード公式ではそのジネディーヌ・ジダン監督の退団を発表。今のところはまだその行き先については明らかにはなっていないが、ただ最近ではかつてジダン監督が所属していたユベントス・トリノとの繋がりが指摘されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報