ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月30日

デ・ブライネ、眼窩と鼻骨を骨折

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 「ちょうど病院から出てきたところだ。体の状態はとても良いけど、でもまだ失望を感じている」土曜夜に行われたチャンピオンズリーグ決勝での敗戦翌日、マンチェスター・シティのケヴィン・デ・ブライネは、そうツイートした。

 チェルシーFC戦で1時間が経過した頃、相手DFアントニオ・リュディガーとの対人戦にて、顔面を強打し交代を余儀なくされていた同選手。そのまま病院へと搬送されており、その後に下された診断の結果、眼窩と鼻骨に骨折が確認されたことが明らかとなった。

 そのためこれからしばらくの間は安静が求められることになり、まだ具体的なその期間については明らかにはなっていない。ただそれでも恐らくは、来月に控えるユーロへの出場の向けては、特に危惧させるようなものではないだろう。

 ベルギー代表の一員として今回は、ロシア、デンマーク、フィンランドとのグループリーグが控えているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報