ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月10日

ワイナルドゥム、バルサではなく、パリSG移籍が発表

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 数週間前から移籍先としてFCバルセロナが指摘されてきたジョルジニオ・ワイナルドゥムだが、最終的にリヴァプールFCからパリ・サンジェルマンへと移籍することが、木曜日に正式に発表された。伝えられるところによれば、金銭面でより魅力的なオファーだったことに加えて、ポチェッティーノ監督も決定的な役割を果たしたという。

 2016年にニューカッスル・ユナイテッドから移籍金3000万ユーロで、リヴァプールFCへと加入したMFは、高いゲーム理解度をもつ、攻守ともに強みをもつ柱的存在として活躍。237試合に出場して22得点16足須知を記録し、CL制覇やプレミア優勝をも達成したものの、最終的に契約満了に伴い退団となっていた。パリ・サンジェルマンとの契約期間は2024年まで。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報