ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月01日

スコットランド、ユーロで約2000人のコロナ感染を報告

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜夜にイギリスの首都ロンドンのウェンブレイ・スタジアムにて開催された、イングランドvsドイツ戦では4万人以上の観客が動員され、その中にはソーシャルディスタンスを守らないファンが数多く見受けられたことから、大きな批判の声が挙がっているところだが、今回スコットランドの保険当局より発表された数字は、この日の夜で何が起こりえるのか、その恐ろしさを予見させるものだといえるだろう。

  それによれば今回のユーロに関連して新たに発生した新型コロナウィルス感染者数は1991件で、そのうち1294件に関しては、スコットランド代表のグループリーグ、イングランド戦のためロンドンへと移動したファンによるものだったという。またそのうち397人が実際にウェンブリー・スタジアムで試合を観戦していたとのことだが、ただそもそもスコットランド向けに発行されたチケットは2600枚しかなかった。

 さらにホームゲームのクロアチア戦(37人)、チェコ戦(38人)でも感染した人たちがおり、両試合のファンゾーンを訪れた人の中からは55人が感染。ちなみにスコットランド代表は、わずか勝ち点1のみでグループステージ敗退となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報