ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月01日

遂にモウリーニョ監督の後任決定、ヌーノ監督がトッテナム就任

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 トッテナム・ホットスパーは遂に、ジョゼ・モウリーニョ監督の後任指揮官を見出すことができた。ヌーノ・エスピーリト・サント監督と、2年契約を締結。4月モウリーニョ監督が解任となった後では、ライアン・メイソン監督が暫定的に指揮をとっていた。

 直近ではウルヴァーハンプトン・ワンダラーズの監督を務めていた47歳のポルトガル人は、そこでプレミアリーグ昇格へと導き、2年連続で7位と好成績をおさめることにも成功。今年5月に円満に退団の運びとなっており、クリスタルパレスやエヴァートンからの関心も。
 
 今回の就任にあたり、同氏は「ここの監督へと就任できることは、大変な喜びであると同時に、名誉でもあるよ」と述べ、これれからはじまる新シーズンへとすぐに目を向け、「今は時間を無駄にはできないし、すぐに仕事へとりかからなくては」と意気込みをみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報