ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月08日

コロナ禍でも爆買い継続?パリSG、今度はポグバに関心か

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 本日木曜日にはセルヒオ・ラモスの獲得を発表した、パリ・サンジェルマン。これによりジョルジニオ・ワイナルドゥム、アクラフ・ハキミに続く3人目の”爆買い”となっており、これにさらにジャンルイジ・ドンナルンマも続くと見られているところだが、どうやらコロナ禍の逆風をもろともせず、更なるお買い物ツアーの継続を目指している模様。

 今回、名前が浮上したのは、マンチェスター・ユナイテッド所属のパウル・ポグバだ。これはフランスのレ・キップ紙が報じたものであり、ただ今回の獲得いあたっては「スペースを確保する」ために、まずは選手を売却して資金の調達を行う必要があるとのこと。なおこの夏にはネイマーとも延長を結んでいる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報