ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月09日

フランス代表、ディディエ・デシャン監督は「カタールW杯でも指揮をとる」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏に開催されたユーロ2020では、思いがけずスイス代表戦にて敗退を喫したものの、ディディエ・デシャン監督は引き続きフランス代表にて指揮をとっていくことが明らかとなった。これはフランスサッカー協会のノエル・ル・グラエ会長が、フィカロ紙とのインタビューの中で明かしたものであり、水曜日にデシャン監督との長時間に渡り、話し合いを行ったという。

 その中で「そのことは、3分で決着がついた」と同会長。「彼はカタールにおいても、フランス代表の監督を務めることになる。彼の継続に対する意思は非常に強く、それは私にとっても同じこと。そこに議論の余地などなかった」と言葉を続けた。

 実際にノエル・ル・グラエ会長は数日前の時点で、デシャン監督について「我々が築いてきたものをひっくり返すようなことがあってはならない」とTV局とのインタビューにて擁護していた。ただし2022年まで残されている契約の延長については「それは様子見していこう」と述べるにとどまっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報