ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月17日

フェイエノールト主将ベルハイスが、アヤックス移籍と4年契約

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 フェイエノールト・ロッテルダムの主将ステフェン・ベルハイスが、同じエールディビジのアヤックス・アムステルダムに移籍することが、金曜午後に正式に発表がなされた。29歳のアタッカーは、2025年6月末日までの4年契約を締結。

 スポーツディレクターを務める、アヤックスのマルク・オーフェルマルス氏は「最近では、我々はどのシーズンにおいても、数多くの試合が控えており、そのため全てのポジションにおいて、複数の選択肢を持つことが重要となってくる」と説明している。

 その一方でオランダA代表経験28試合をもつベルハイスは、今回の移籍にあたり「次のステップへとすすむこと」や、「さらに成長していくこと」、そして「チャンピオンズリーグという舞台でプレーすること」と期しての決断であることを強調している。

 ニースからも関心が伝えられていた右サイドバックの獲得には、情報によればその移籍金額は400万ユーロが投じられているようで、さらに成果に応じて最大550万ユーロにまで上昇する仕組みになっている模様。なおフェイエノールトとの契約を2022年まで残していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報