ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月22日

アーセナルとインテル、コロナの影響で米国ツアー急遽中止

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 プレミアリーグのアーセナルFCは、コロナ感染が複数確認されたことを受け、予定していた米国ツアーを急遽取りやめることを発表した。

 アーセナルは水曜日に、「明日、アメリカに向かう予定のグループの中に、新型コロナウィルスの感染が少なからず確認された」と発表。ファンや主催者へと謝罪すると共に、その該当者たちについては「無症状」で、すでに隔離されていることも伝えられている。

 そのためガナーズは、インテル・ミラノ、エヴァートンFC、コロンビアのミジョナリオスFCが参加予定の『フロリダカップ』へ参加を見送ることになった。そこでどうやらアーセナルとしては急遽、非公開形式による親善試合を2試合行う模様。

 一方でエヴァートンの方でも、MFファビアン・デルフがオーランドには向かわないことが発表されており、こちらはデルフが後にコロナ感染が確認された人との濃厚接触者として「予防的措置」として行われたもの。

 またアーセナルと同様にインテルもまた、新シーズンに向けた今回のフロリダカップ参加を予定しており、準決勝第1戦にて対戦予定だったものの、パンデミックの拡大によるリスクを考慮して、水曜日に参加を見合わせることを発表した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報