ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月23日

トッテナム 、ソン・フンミンと2025年まで延長

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 プレミアリーグのトッテナム ・ホットスパーは攻撃の主力、ソン・フンミンと長期契約を締結したことを発表した。2015年にバイヤー・レヴァークーゼンから、トッテナムへと加入した韓国代表FWは2023年まで契約を残していたものの、今回新たに2025年までの4年契約を締結。

 加入からこれまで280試合に出場して107得点、64アシストをマークしてきた29歳は、「6年もここでプレーできたことはとても光栄な事。クラブからの大きなリスペクトを感じる」と述べ、「ホームのように感じる」とコメント。今回の決断について「簡単な決断だった。ここにいてハッピーだし、ファンとの再会を心待ちにしているところだよ」と、クラブ公式サイトにて語っている。

 そのソンとのコンビで昨シーズンに14得点を生み出すなど、昨季プレミア随一の名コンビを組んできたハリー・ケインはどうなるのか?こちらはソンとは異なり状況は複雑であり、本人はシーズン終了後に移籍希望を明かして、すでにマンチェスター・シティからの関心が寄せられているところ。一方でスパーズも残留を目指しており、今回のソンの残留はその点で好材料の1つとなるはずだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報