ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月29日

レアルのダヴィド・アラバから、コロナ陽性反応が確認

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 レアル・マドリードへの入団がちょうど1週間前に発表されたばかりのダヴィド・アラバだが、今度は新型コロナウィルスへと感染していたことが明らかとなった。そのため29歳のオーストリア代表主将は隔離されており、しばらくの間は離脱へと入る。

 この夏に同選手は、10年以上に渡って在籍し数々のタイトルを獲得してきた、バイエルン・ミュンヘンとの契約を満了する形で退団。フリートランスファーにて5年契約で加入した。

 その一方でエデン・アザール、ティボー・クルトワ、フェデリコ・バルベルデらが、レアル・マドリードの練習場へと復帰。なおラファエル・ヴァランについては、先日にマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が発表されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報