ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月31日

ジェノア、38歳ゴラン・パンデフと延長か

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 スカイ・スポーツ・イタリアが報じた情報によれば、ゴラン・パンデフは決して、サッカーに対する情熱を失ったわけではないようだ。38歳となった北マケドニアの英雄は、今夏に開催されたユーロ2020にてグループリーグ敗退後、代表122試合でピリオドを打つことを決断。しかしながらその一方で、所属するセリエAのCFCジェノアとは、更なる契約を締結する見込みであるという。

 これまでラツィオやインテル、ナポリでもプレーした経験をもつ同選手は、これまでプレミア通算473試合に出場して101得点をマーク。1年間だけトルコ1部ガラタサライ・イスタンブールへと渡った後、2015年からジェノアでプレーしており、公式戦通算156試合に出場して28得点。昨季はセリエA29試合に出場して、7得点をマークしていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報