ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月03日

コロナの影響に悩む、ディーン・ヘンダーソン「疲れがとれない」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 イングランド代表ディーン・ヘンダーソンが、スコットランドにて行われるマンチェスター・ユナイテッドの、8月14日から始まる新シーズンに向けた夏季合宿へ、参加を見合わせることが明らかとなった。同選手はまだ新型コロナウィルス感染の影響を抱え続けているという。

 昨シーズンにデ・ヘアに代わる先発GKとして26試合に出場し、ラストスパートに貢献していた同選手。クラブ側の発表によれば、3週間前にコロナ陽性反応が確認され、現在も「絶え間ない疲労感」に悩まされているとのこと。今夏のユーロでは股関節の問題で参加を見送ったが、ただこちらは回復済みで、間も無くして練習へと復帰する見込み。

 その一方でデ・ヘアについては、ユーロ後の休暇を経て、スコットランドの地でチームを再合流。なおここまでの準備期間においては、トム・ヒートンとリー・グラントがゴールキーパーを務めていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報