ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月06日

グアルディオラ監督、メッシのマンC入りの可能性を否定

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 果たしてリオネル・メッシの新天地はどこになるのか?昨年夏にも大いに話題となったこのテーマで、その移籍先として主役を演じていたのが、恩師ペップ・グアルディオラ監督率いるプレミアリーグ、マンチェスター・シティだった。しかしながらそれからおよそ1年が経過した金曜日、グアルディオラ監督は改めて獲得の可能性について否定。

 昨日にプレミアリーグ史上最高額の移籍金を投じて迎え入れた、「ジャック・グリーリッシュを我々が、大金と投じて獲得し、そして彼が10番を身につけるということは、それだけ我々が彼に確信を抱いているということ」と述べ、「それにレオはバルサに残ると思っていた。今ではメッシは、ここでのテーマではない」と明言している。

 その一方でこの夏の移籍先として有力視されている、パリ・サンジェルマンのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、あくまでリーグ開幕戦に集中しているとしつつ、「昨日メッシとバルサの間で何があったかは知っている」と述べ、ヘライフィー会長やレオナルドSDが「チーム強化に尽力していることも知っている」と付け加えた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報