ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月09日

マッティア・カルダーラが再びレンタル。今度は昇格組

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 イタリア・セリエAのアタランタ・ベルガモにてプロへの階段を上り、その後にユベントス・トリノ、そしてACミランへと移籍を果たすも、しかしながらレンタルという形式で引き続き、アタランタにてプレーしてきたマッティア・カルダーラ。

 つまりはいまだACミランでのデビュー戦はお預けとなったままということでもあるのだが、その日は少なくともまだしばらく続くことになる。今シーズンではそのアタランタではなく、同じセリエAの昇格組ヴェネツィアFCへとレンタル移籍。

 先のアタランタへとレンタルで復帰した際にも、移籍金3500万ユーロでミラン入りしていたCBとの契約には買い取りオプションが付随していたが、行使は見送り。なお今回も1年間の期限付きで、さらに買い取りオプションも付随している。

 その一方でACミランでは、アレッサンドロ・フロレンツィを買い取りオプションつきのレンタルにて、獲得するとイタリアのメディアでは報じられている。2002年からASローマにて在籍し続け主将も務めた30歳だが、最近ではバレンシアやパリ・サンジェルマンへとレンタル移籍していた。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報