ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月10日

チェルシー、アブラハム移籍でASローマと合意。ブロヤはサウサンプトン

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 スカイ・スポーツ・イタリアは、セリエAのASローマとプレミアリーグのチェルシーFCが、タミー・アブラハムの移籍で合意に達したと報じた。その買い取り金額は、4000万ユーロで決着をみたという。そのためあとは、23歳のアタッカー自身の判断へと委ねられることになった。

 チェルシーFCでは現在、そのイタリアの王者インテル・ミラノから、ロメル・ルカクの獲得に迫っているところであり、アブラハムにとっては出場機会を得ることは非常に厳しい状況に追い込まれているところ。

 ただしそんなアブラハムに対しては、同じくロンドンに拠点を構えるFCアーセナルの関心も伝えられている。

アルマンド・ブロヤはサウサンプトンにレンタル

 その一方で、若手FWアルマンド・ブロヤは、一足早くチェルシーFCを後にした。19歳のアルバニア人FWは、新シーズンでは同じプレミアリーグの、FCサウサウンプトンにて実戦経験を積んでいくことになる。昨季フィテッセにレンタル移籍し10得点を挙げ、注目が高まっていた同選手は、1年間の期限付きにて加入。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報