ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月11日

メッシがパリ上陸!パリSGからは意味深動画も

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日から待ち望まれていた、リオネル・メッシのフランスの首都パリへの到着が、2日遅れで実現した。まもなくして正式に、パリ・サンジェルマンへの入団発表が行われる見通し。 月曜ではすでに、数千人のファンたちがパルク・デ・プランス・スタジアム前や、空港前に詰めかけており、エッフェル塔の前での写真撮影も行われるとの憶測も。

 だがバルセロナからの退団で合意したメッシは、火曜日に家族とともにバルセロナから飛行機hに乗り込み、本日午後にパリへと到着。ファンへ手を振るその姿には、パリ・サンジェルマンのスローガンである「Ici c’est Paris」(ここがパリだ、の意味)の文字が記されたTシャツが着用されていた。

 火曜朝に仏紙レ・キップが報じたところでは、すでに両者は契約の合意に達しており、月曜日の夜にメッシの代表者たちがイビサ島にてパリSG首脳陣と対面。ただメッシ自身はバルセロナにとどまっていたという。そして父であり、代理人を務める、ホルヘ・メッシ氏が、火曜日にエル・プラット空港にて「確かに、我々はパリへと向かうよ」と認める発言を行なっている。

 それから夕方にはメディカルチェックを受け、パリ・サンジェルマンとの2年契約を締結する予定。その後、水曜日にも、正式にメッシの入団会見が行われる見通しとなっており、その年俸額は3500万ユーロとも。

 すでにパリSGでは入団を示唆する動画を投稿しており、そこにはネイマールの10と、エムパベの7の間のロッカーが空けられていることから、おそらくはネイマールが引き続き10を、レアル移籍が噂されるエムバペの残留という意味もあるのかもしれない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報