ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月11日

パリSG、新加入のセルヒオ・ラモスが8週間離脱か

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 リオネル・メッシの加入に沸くパリ・サンジェルマン。とりわけこの夏の移籍市場では、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)、ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リヴァプール)、ジャンルイジ・ドンナルンマ(ACミラン)、アクラフ・ハキミ(インテル・ミラノ)などの獲得にも成功するなど、まさに席巻しているところだ。

 しかしながらフランスのメディアが報じたところによればそのスター・アンサンブルの1人として期待される、セルヒオ・ラモスが負傷によりしばらく離脱を余儀なくされるようだ。同選手は持続的にふくらはぎへと問題を抱えており、それが想像以上に深刻な状態であることが判明した模様。7月末の練習中に負傷し、その後の練習参加を見合わせているベテランDFは、フランスメディアによれば最大8週間離脱する可能性があるようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報