ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月13日

チェルシー、ロメル・ルカクを1億1500万ユーロで獲得

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ロメル・ルカクがイタリア王者インテル・ミラノから、CL王者チェルシーFCへと移籍することが、木曜夜に正式に発表された。チェルシーはクラブ公式にて復帰を歓迎、今回は2026年までの契約を締結している。2011年から2013年の在籍時では定着を果たすことができず、その後マンチェスター・ユナイテッドを経て、2019年よりインテルに在籍。

 「この素晴らしいクラブに戻ってこれて幸せだし、嬉しいよ。長い道のりだった。最初に僕がここにきた時は幼く、かなり学ばなくていけなかったが、今は経験を積んで一人前になって戻ってきたんだ」とコメント。その言葉通りにインテル時代で出場した72試合で47得点をマーク、昨季は24得点でスクテッド獲得に大きく貢献しており、ELやCLなど国際舞台でも活躍を見せていた。

 そのため財政難に喘ぎながらも、残留を目指していたインテルは1億ユーロのオファーにも拒否、しかしルカク自身は復帰を望み、チェルシーからのオファーも上乗せされたことで、今回の移籍実現へと至っている。

 この夏はトップレベルのセンターフォワードを求めていたチェルシーでは、ドルトムントのエルリング・ハーランドやトッテナムのハリー・ケインなどの名前も浮上、その中でもルカク獲得に向けて粘り強く交渉しており、英国のメディアが報じた情報によれば買取金額は、コロナ禍にあってクラブ新記録となる1億1500万ユーロにまで上ったようだ。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報