ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月28日

グアルディオラ監督、発言内容の意図を説明

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日にマンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は、マンチェスター・シティでの「7年を経へ、「一息ついて、自分が達成したことを振り返る必要がある」とコメント。それはちょうど7年となる2023年までの契約の更新を望まないこととして解釈がなされていたが、同氏はこの発言についての意図を説明した。

 「結果が出なかったり、クラブが私に不満をもっていたりすれば、2ヶ月で退任することだってあるもの。3ヶ月でも5年でも、辞めるときは辞めるものだ」とし、あくまでこの任期を経て「一息つきたい」との考えを強調したかっただけ、との考えを示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報