ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月01日

アーセナルが冨安健洋の獲得を発表。ベジェリンはベティスへ

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 プレミアリーグの名門FCアーセナルは既報通りに、冨安健洋を獲得したことを発表した。22歳の日本代表センターバックの獲得に際し、移籍金として所属先である、イタリア・セリエAのボローニャへおよそ1800万ユーロを支払うことになるようで、契約期間など詳しい情報については特に明かされていない。

 これまで日本代表として23試合に出場して1得点をマークした経験をもち、またセリエAでは通算61試合に出場して3得点をマークした経験をもつ、身長188cmの日本人ディフェンダーに対しては、ガナーズがここのところ見せている脆弱なディフェンスへの安定感がもたらされることが期待されているところだ。

 その一方でエクトル・ベジェリンに関しては、アーセナルを後にすることになった。 またこの日にFCアーセナルからは、エクトル・ベジェリンが10年ぶりにスペインへと復帰。レアル・ベティスへと加入することが発表された。ここ数年はガナーズにてなかなか思うように役割を得られずにいた、26歳のスペイン人右サイドバックは、心機一転リーガ・エスパニョーラにて再起をかける。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報