ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月01日

レアル、エムバペに2億ユーロ提示もパリは拒否。カマヴィンガ獲得で決着

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 複数のメディアが報じている情報によれば、レアル・マドリードはキリアン・エムバペの獲得に向けて、その提示金額を2億ユーロにまで引き上げていたものの、最終的にパリ・サンジェルマン側はその金額に対してもなお、首を縦に振ることはなかったようだ。そしてレアルはスタッド・レンヌから、エドゥアルド・カマヴィンガを獲得する形で、この移籍劇は終演の時を迎えている。

 パリ・サンジェルマンとの契約最終年度に入っているフランス代表FWの去就について、週末に行われたランス戦での4連勝後にマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、プライムビデオとのインタビューの中で、「ナーセル・アル=ヘライフィー会長は非常に我々に対して明確だった。キリアンは我々の選手であり、彼がいてくれて嬉しく思っているよ」と、自信を覗かせていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報