ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月08日

カマヴィンガ「カゼミーロ、クロース、モドリッチらと比べなくて良い」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 長期に渡り続いたキリアン・エムバペ獲得に向けた駆け引きは、最終的には無駄な努力に終わってしまったものの、それでもそのフランスから期待の若手エドゥアルド・カマヴィンガを獲得することには成功した。

 確かにその大きな将来性を買われての加入ではあるものの、負傷離脱が続くトニ・クロースをはじめ、中盤の選手たちの年齢層が高くなってきていることからも、すでにカルロ・アンチェロッティ監督の需要の対象となる選手でもあるはずだ。「自分が準備ができているということを、みせていかなくてはならないと思うし、実際に僕はその準備ができていると思っている」と、同選手はコメント。

 そして「数年前なら誰も信じなかったであろう」、レアル・マドリードでプレーするという子供の頃からの夢が、遂に現実のものとなったカマヴィンガは、「ディフェンダーの前でプレーして、守備に安定化をもたらすことを好む」と述べつつも、「でももっと前の方でもプレーすることができるよ」と説明している。

 つまりカゼミーロのように?それともモドリッチ?

 「カゼミーロ、クロース、モドリッチらに、自分のことを重ね合わせる必要はないと思うよ」と返答した18歳の若武者は、すでに「スペイン語を多少は話せる」という中でも敢えて母国語で答えることを選択しており、「最大の特徴を2つ?テクニックに長け、アグレッシブにプレーすることかな」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報