ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月23日

ダービーカウンティ、破産手続き開始で勝ち点12が剥奪

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 元イングランド代表ウェイン・ルーニー監督率いるイングランド2部、ダービー・カウンティは水曜、財政難のため破産管財人を選任したことを発表。コンサルタント会社Quantumaのアンドリュー・ホスキング氏、カール・ジャクソン氏、アンドリュー・アンドロニコウ氏が担当することを明らかにした。

 これにより破産手続きが開始されたことで、リーグ戦の勝ち点12が剥奪に。なおイングリッシュ・フットボール・リーグ(EFL)によると、リーグはすでにクラブを債務超過から脱却させるため、代理人との最初の話し合いを実施。今後も定期的に連絡をとっていくという。

 EFLのトレヴァー・バーチ代表は、「我々はダービー・カウンティが長期的かつ、持続可能な将来性を確保するため、全ての関係者たちと積極的に協力をはかっていきたと考えている」と、協会公式サイトにて語った。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報