ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月25日

スールシャール監督がクロップ監督にチクリ「ある監督が・・・」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 オーレ・グンナー・スールシャール監督とユルゲン・クロップ監督による、PKをめぐる論争に新たな展開が生まれてきている。「昨シーズン、我々があまりに多くのPKを得ているという、懸念を表明した1人の監督がいた」と語ったマンチェスター・ユナイテッドの指揮官は、「それ以来、判断が難しくなったようで、そこには大きな違いを感じているよ」とコメント。

クロップ監督は今年1月に、過去2年半の間にユナイテッドが獲得したPKの数が、クロップ監督の在任期間である5年以上の間で、リヴァプールが獲得したPKの数よりも多いことを訴えており、どうやらスールシャール監督はこの発言によって、自軍へのPK判定が減少する効果を生み出してしまったと考えている模様。特に最近だけでも、3つのPKで損をしたとみており議論が加熱した格好だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報