ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月25日

連勝で安堵のユベントス、キエッリーニは警鐘

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ユベントス・トリノは今週1週間で、大きな安堵をつくことができた。アップダウンの激しい展開の中で、木曜日にスベツィア、そして週末にはサンプドリアを相手に、共に3−2で連勝を収めることに成功。それでも開幕から5試合でわずか1勝と、1961年以来となるつまづきをみせたイタリア歴代最多優勝回数を誇る王者は、現王者インテルやナポリとの上位争いとの差を踏まえ、決して一息つくような余裕などない。

 セリエAで412試合に出場した経験をもち、さらにイタリア代表でも113試合でプレーしているキエッリーニは、「荒れた海の中にいるのならば、船を真っ直ぐに保ち続けていかなくてはならない。倒れてしまっては元も子もないんだ」と警鐘。「人生でもいえることだが、適切なバランスを見出すためには、どうしても時間がかかるものなんだ。特に大きなショックを受けた後であれば、再構築していくための時間も必要。ただ今の世界では、我慢なんて存在はしないものなんだけどね」と言葉を続けている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報