ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月01日

インテル、セリエA史上最悪の赤字を計上

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨季のセリエA王者インテル・ミラノが、その1年間で大幅な赤字を計上していたことが明らかとなった。2020/21シーズンの決算の結果、2億4560万ユーロのマイナスとなっており、伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトによればこれはセリエA史上最悪とのこと。その主な理由はコロナ禍におけるチケット販売の不振、そしてスポンサー収入にあるという。

 なお先日にはセリエA最多優勝回数を誇るユベントス・トリノが、2億990万ユーロのマイナスを計上するなど、イタリアサッカー界ではもう1つの重鎮が経済不振に陥っているが、ただインテルファンは経済状況の回復を見込んでおり、チケット販売の回復のみならず、インテルではコスト削減策が導入。今夏にはロメル・ルカクやアクラフ・ハキミら、スター選手の売却も行っているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報