ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月03日

敏腕代理人ザハヴィ氏が、マネーロータリングの疑いで告発

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ベルギー検察局は金曜、ロベルト・レヴァンドフスキやダビド・アラバ、ネイマールらの代理人を務める、ピニ・ザハヴィ氏を既に起訴しているころを明らかにした。これはドイツ通信社からの質問に応えたもので、数週間前に行われているという。

 Derneiere Heure/Les Sportsによれば、78歳の敏腕代理人に対しては詐欺、そしてマネーロータリングの嫌疑がかけられ、そのためマルタではすでに、幾度となく捜査が行われている。

 特にベルギー検察局が注目しているのは、ベルギー2部ロイヤル・エクセル・ムスクロンで、同氏は2015年に同クラブを手に入れるも、再び売却。その結果クラブ自体がマネーロータリングの疑いで告発される事態へと発展した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報