ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月06日

UEFA、人種差別的問題で、スパルタ・プラハを調査

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 選手木曜に行われたヨーロッパリーグGL第2節スパルタ・プラハvsグラスゴー・レンジャーズ戦において、UEFAは「差別的な出来事があった可能性」について調査を行なっていることを発表した。なお詳細については、まだ特に明らかにはしていない。

 この試合でスパルタ側は、8月に人種差別的な問題を起こしたために、本来は無観客での開催が命じられていたものの、6歳から14歳までの1万人の子供たちのみという条件を提示し、UEFAから観客の動員への許可を得ていた。だがそこでも人種差別的な侮辱行為や、終始ブーイングが浴びせられるなどの事案が発生。

 これを受けてレンジャーズ側がUEFAに対して、正式に苦情を申し立てたのに対して、スパルタ側は「罪のない子供たち」を擁護する声明を発表、さらにチェコの外務大臣までもが介入する展開をみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報