ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月07日

グレイザー一家、CR7獲得で巨額の利益

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ケヴィン・グレイザー氏、そしてエドワード・グレイザー氏が、マンチェスター・ユナイテッドの株式8%分を売却。およそ1億6200万ユーロ分を、ニューヨーク証券取引所へと売りに出した。

 英紙ガーディアンによると、クリスチアーノ・ロナウド獲得時と比較して、これまで1株あたり1.94ユーロ上昇。ちなみに今回の売却による、クラブ側の利益はない。

 今年の3月にエイヴラム・グレイザー氏へ、およそ8200万ユーロで株式を売却しており、今回の売却後もなおグレイザー一家は、レッドデビルズの株式69%相当を保有。ただこのことは2005年の買収以来、ファンたちから継続して批判がなされている問題だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報