ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月07日

ニューカッスル、サウジからの買収に近づく

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 あとはプレミアリーグからの承認を得るだけだ。現在オーナーを務めるマイク・アシュリー氏はニューカッスル・ユナイテッドを手放したいと考え、また同氏が去ることを願うニューカッスルのファンたちも、3億ポンドと言われる売却額も手伝ってか、その買い手については嬉しさのあまり、多少無頓着になっているようだ。

 しかしながら昨年にも買収へと乗り出すも、リーグ側より却下されていたサウジアラビアの政府系ファンド「パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)」は、たとえ公的には「国とは別」とされていても、実際には大株主。

 また、人権団体「アムネスティ・インターナショナル」のエグゼクティブ・ディレクター、サシャ・デシュムク氏は「これは、サウジアラビア当局が、自分たちの人権侵害をトップレベルのサッカーの華やかさでごまかそうとしている明らかな試みだ」と批判する。とりわけムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、この点で注目されている人物だ。だがすでに、その買収成立の時は、刻一刻と近づいている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報