ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月15日

アトレチコとレアルの試合が、日曜日から延期された理由

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日に予定されていたレアル・マドリードvsアスレティック・ビルバオ戦、そしてアトレチコ・マドリーvsグラナダ戦は、すでに9月末の時点でラ・リーガから正式に、期日は未定ながら延期されることが正式に発表されていた。その理由となったのがFIFAが、CONMEBOLに対して今回の代表戦期間を、10月15日までと設定したことにある。

 そのため金曜夜に予定されているアルゼンチンvsペルー、そしてブラジルvsウルグアイ戦に参加予定のロドリゴ・デ・パウル、アンヘル・コレア、ルイス・スアレス(アトレチコ)、フェデ・バルベルデ、ヴィニシウス・ジュニオール(レアル)らを考慮してのもの。

 特にレアルとアトレチコに関しては、さらに火曜日にはチャンピオンズリーグでの戦いが、レアルはシャフタール・ドネツクと、アトレチコはリヴァプールとの一戦が控えていることもあり、今回のラ・リーガによる決断は、非常に理解できるものだといえるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報