ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月28日

クーマン監督解任のバルサ、暫定的にバルフアン監督を昇格

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCバルセロナはロナルド・クーマン監督解任後、ひとまず暫定的解決策として、現在バルセロナのセカンドチームを率いている、セルジ・バルフアン監督が一時的に指揮を執る判断を下した。なおクーマン監督の後任が見つかり次第、同氏の暫定的な今回の役割は終了することも、併せて発表されている。

  なお後任候補についてはすでに、これまで幾度となく挙がってきたクラブのレジェンド、シャビの名前が浮上しており、どうやらクーマン監督解任後バルセロナの首脳陣は、41歳となった指揮官へとコンタクトをとった模様。なお現在シャビ氏は、カタールのアル・サッドSCとの契約下にある。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報