ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月02日

英国2部バーンズリー、ショップ監督を解任

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マルクス・ショップ監督が、英国2部バーンズリーFCを退任した。とりわけ7連敗という流れが今回の決断を後押ししており、当初アスレティック紙が報じていた情報を、クラブ側が確認している。かつてオーストリア1部LASKリンツにて監督も務めていた同氏は、今年6月にイズマエル監督の後任として、2024年までの契約で就任したばかりだった。

 「短い期間ではあったが、非常に密度の濃い時間を共に過ごしてくれた皆様に、感謝しております。我々の努力が結果として結び付かなかったことは残念だ。クラブの今後の多幸を願うと共に、最終的に目標を達成できることを願っている」と、クラブ公式ページにてショップ氏はメッセージ。後任はひとまず、ジョセフ・ラウマンACが暫定監督を務める。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報