ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月02日

トッテナム、アントニオ・コンテ監督の招聘を発表

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アントニオ・コンテ監督が、プレミアリーグの舞台へと戻ってきた。52歳のイタリア異人指揮官がこれから、トッテナム・ホットスパーを率いて戦うことが明らかとなっている。

 昨日の月曜日にヌーノ・エスピーリト・サント監督の解任へと踏み切っていたトッテナム。その後継者として白羽の矢が立ったのが、セリエA王者に導くも5月末をもってそのインテル・ミラノを後していた、アントニオ・コンテ監督だった。

 かつて2016〜2018年までプレミアリーグのチェルシーFCを率いた経験をもつ同氏は、そこでもプレミアリーグ優勝へと導いており、かつてユベントス・トリノ時代にともに戦った経験をもつファビオ・パラティッチ氏からの誘いを受ける形で、延長オプションを含む2023年までの契約にサインしている。

 就任にあたり、コンテ氏は「インテルでの終焉はまだ私には真新しさがあったし、シーズンの終わりとともに非常に感情的に結びついていた」とコメント。ただこれから再び臨むプレミアでの戦いにむけて、「待ちきれない気持ち」であることも明らかにした。コーチ陣については追って発表されるとのこと。

 トッテナムはこれまでプレミアリーグ10試合で5勝5敗の成績を残していたが、しかしながらその傾向は明らかに下降線を辿っていたところであり、最近のリーグ戦7試合での勝ち点数は6のみ。加えてカンファレンスリーグ、フィテッセ戦では0−1と敗戦を喫している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報