ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月07日

今季初勝利直後、ノリッジがファルケ監督解任を発表

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 プレミアリーグ昇格組ノリッジ・シティは、ダニエル・ファルケ監督を解任したことを、今晩ツイッターにて発表した45歳のドイツ人指揮官は、2017/18シーズンに当時2部にあったクラブを引き継ぎ、就任2年目にプレミアリーグへと昇格。ただ即座に降格を喫してしまうものの、それでもクラブ側は続投を決断。その結果、昨季には再び昇格を果たし、その信頼に応えてみせていた。

 ただ確かにここまでリーグ戦11試合を終えて勝ち点5、得失点差は5:26と太刀打ちできていないことは確かなのだが、ただ土曜日に行われた昇格組対決、ブレントフォード戦で今季初勝利を収めたにもかかわらず、英紙アスレティックによればその後のメディアとの質疑応答の後に、ファーケ監督に対してクラブから退任が伝えられたようだ。

 ステュアート・ウェバーSDは、クラブにとって「今はその時なんだ」と説明し、あくまで「苦渋の決断」であることを強調。ただそれでも首脳陣の間では、「指揮官の交代を行う時期にきた」と判断したという。さらにファーケ監督の退任とともに、アシスタントを務めていたエディー・リーマー氏、クリス・ドモガラ氏、そしてクリストファー・ジョン氏の退任も併せて発表されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報