ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月18日

車椅子で遠隔指揮のファン・ハール監督「ビバ、オランダ!」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ワールドカップ出場権をかけた重要な決戦、ノルウェー代表戦をオランダ代表ルイ・ファン・ハール監督は、普段とは異なる場所から見守っていた。日曜日に自転車から転倒した際に腰の骨を折った70歳は、車椅子での指揮を目指したものの認められずに、この日はVIP席から観戦。

 携帯電話とメモ帳を駆使して遠隔地から指揮をとっており、サイドラインに立つアシスタントとの蜜な連携が功を奏したのか、最終的にオランダ代表は2−0でノルウェー代表を下し、無事にワールドカップ出場権獲得を果たしている。

 「浮き沈みを繰り返していく中で、互いをよりよく知っていった。素晴らしい1週間になった」と安堵。前回のワールドカップでは不在となっていただけに、「我々が戻ってこれたことは素晴らしいこと、ビバ、オランダ!」と喜びを表現した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報