ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月18日

UEFA、ハンガリーに1試合のみの無観客試合開催に減刑

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 UEFAはハンガリー代表のファンにより差別的な行為に対して、ハンガリーへと課せられていた処分を軽減する判断を下した。これにより本来は2試合の無観客処分となっていたものの、次戦のみを無観客にて開催。1試合分は2年間の執行猶予扱いとなり、それ以外は従来通りに10万ユーロの罰金と、「#EqualGame」と書かれたバナーを無観客試合で掲揚しなくてはならない。

 ブダペストにて行われたポルトガル戦では、クリスチアーノ・ロナウドが観客席から深いな思いをさせられたことが報じられており、ミュンヘンでのドイツ代表戦前にはハンガリーのファンから、「同性愛嫌悪のチャント」などの行為が伝えられ、さらにフランス代表戦では暴力的、かつ人種差別的な罵声が浴びせられたという。ただ今回のUEFAの減刑処分によって、さらにこの問題は物議を醸すことになりそうだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報