ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月21日

フランス代表で負傷のポグバ、場合によって12週間離脱も

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マンチェスター・ユナイテッドでは少なくとも年末までは、ポグバ不在で臨むことを余儀なくされる。さらにそれよりも長期間に及ぶ可能性もあるようだ。フランス代表に大腿を負傷していた同選手だが、予想よりも深刻な負傷を抱えた可能性があり、スールシャール監督は離脱期間の見込みについて6〜8週間、場合によっては12週間に及ぶ可能性があることを明らかにした。

 開幕から4試合で7アシストを大活躍を見せていたポグバだったが、ここのところは他の選手たちと同様にパフォーマンスに低下が見られており、今回の離脱によって今夏にアヤックスから加入した、ドニー・ファン・デ・ビークにチャンスが訪れる可能性があるだろう。ファンからは高い人気を誇る同選手だが、今のところはまだ居場所を見つけられない日々が続いているところだ。「試合や練習における姿勢には非の打ち所がない」と語った指揮官は、「それに報われるときはくる」と言葉を続けている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報