ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月28日

イタリア検察当局がユベントスを捜査。アニェッリ会長も対象に

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 ユベントスでは現在、選手の移籍やクラブのバランスシートにおいて、不正があった疑いが持たれており、金曜夜にクラブのオフィスがイタリアの検察庁による捜索。メディアの報道によると、2019年から2021年までの期間における経営文書が欧州されたという。

 なおユベントスは上場企業であるために、ミラノ証券取引所へと調査内容を報告。またイタリアサッカー連盟に対しても、すでに報告が行われたようだ。ただその詳細については明らかになっていない。

 ただどうやら、今夏までプレーしていたクリスチアーノ・ロナウドとの契約内容、さらにはイタリアのメディアによればアンドレア・アニェッリ会長、パヴェル・ネドヴェド副会長に加え、現在はトッテナムのファビオ・パラティチSDや、3人のマネージャーが調査対象となっているようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報