ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月29日

ユベントス:止まらぬ負の連鎖、今度はマッケニーが負傷

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ユベントス・トリノでは、負の連鎖が続いている。イタリアの検察庁からの立ち入り捜査が伝えられる中で、迎えた土曜夜のアタランタ・ベルガモ戦では0−1で敗戦。チャンピオンズリーグ出場圏内となる4位までの勝ち点差は、その4位につけていたアタランタとの直接対決での敗戦で7にまで拡大してしまった。

 特にアッレグリ監督は負傷離脱選手にも悩まされており、例えばフェデリコ・キエーザが、太ももの負傷により数週間の離脱を余儀なくされているところ。これに加えて今回のアタランタ戦での64分にては、今度はウェストン・マッケニーが膝の問題で交代を余儀なくされており、おそらくこれからしばらくの間、戦列から離脱することになるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報