ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年12月07日

サンプドリア、フェレーロ会長が拘束。辞任も発表

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 イタリア1部セリエAサンプドリアのマッシモ・フェレーロ会長が、破産の不正に関する捜査の一環として一時的に拘束。サン・ヴィットーレの刑務所へと収容されており、その直後にサンプドリアの会長職を辞することが発表された。

 なおフェレーロ氏の娘を含む5人が自宅軟禁の状態にあり、イタリアのメディアによると家宅捜査が幾度となく行われていた模様。1980年代から1990年代に全盛期を迎え、ロベルト・マンチーニやジャンルカ・ヴィアッリらが得点を量産。1985年から10年でコッパ・イタリア4度制した同クラブは、2014年からフェレーロ氏が所有していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報