ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年12月08日

トッテナムで6選手がコロナ感染、リーグ戦延期の可能性も?

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 トッテナム・ホットスパーはこれから、ヨーロッパカンファレンスリーグでの重要な試合が控えているところだが、その一方でそのレンヌ戦に向けてコロナ感染に頭を悩ませている。イギリスのメディアによれば少なくとも、6人のトップチームの選手と、さらにクラブのスタッフから感染が確認されたとのこと。なお日曜日に行われたノリッジ・シティ戦では、スパーズは3−0で勝利していた。

 そのためアントニオ・コンテ監督は木曜日に行われるグループリーグ突破をかけた最終節に向けて、人員不足の中で戦うことを余儀なくされるが、だが厳格なUEFAのルールを踏まえて開催までもが危惧されることはない。ただしリーグ戦についてはトッテナム側が、リーグへと延期を申し出る可能性もあるが、ただ11月28日に開催予定だったバーンリー戦は延期となっており、さらに12月は3・4日周期での試合が控えているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報