ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年12月08日

ラングニック監督、スポーツ心理学者招聘。さらにACも

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マンチェスター・ユナイテッドに就任したラルフ・ラングニック監督は、RBライプツィヒ時代に共に仕事をしたスポーツ心理学者、サシャ・リンゼ氏を招聘した。「ドイツではほとんど、どのクラブにもスポーツ心理学者がいる」と理由について説明した同氏は、「これは間違いなく理にかなったものだ。GKとストライカー、フィットネスの専門がいるならば、頭の中の専門家もいていい」と言葉を続けている。

 現役時代にはFSVフランクフルト、ツヴィッカウ、ウンターハッヒングなどでプレーした経験をもつ同氏は、その後はドレスデンやシャルケなどで心理学者として活着。さらに米国人のクリス・アーマス氏もACに就任する予定となっている。同氏はニューヨーク・レッドブルズ時代にジェシー・マーシュ監督のACを長く務めて後継者に。最近ではトロントFCにて指導していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報