ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年12月10日

チェルシー、軌道修正には「基本的な部分のレベルアップが必要」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 またしても勝利を手にすることができず、そしてチャンピオンズリーグにおける潤沢な勝利賞金を手にできなかっただけでなく、16強の組み合わせ抽選相手がより強豪となる事態にまで陥ったことを考えれば、この日のチェルシーFCでは、明らかに何かが間違っていたということができるだろう。特にこの日マン・オブ・ザ・マッチに輝いたティモ・ヴェルナーの先制点など、開始30分までは優勢に試合を進めていたにもかかわらず、「開始から15分までやっていたことをそれから、我々はやめてしまったんだ」と、トゥヘル監督が首を傾けるように。

 おそらく選手たちは、「なぜ自分たちが有利に試合をすすめていたのか、その理由を履き違えていたのだろう。それは集中力やフィジカルの部分で、我々が十分に高いレベルにあったから。それを忘れてしまったのさ。仮に10%でもそれが不足すると、その代償を払うことになる。それがウェストハムやここで起こったことなんだ」と指揮官は説明。特にこの3試合での失点数7は、それまでの試合を全て合計したもの(6)よりも上回るものであり、コヴァチッチとカンテのような「アグレッシブさとハングリーさをもった」選手の不在が影響しているとみている。「つまりより高いレベルのインテンシティ、より高いレベルの集中力をもたなくてはならない。基本となる部分をレベルアップさせる必要があるんだよ」

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報