ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年12月14日

アーセナル、オーバメヤンの主将解任を発表

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 一時は世界の一流FWの仲間入りにも迫ったピエル=エメリク・オーバメヤン。だがとりわけ2020年9月に高額な契約で更新して以降、アーセナルの主将はそれとは程遠いパフォーマンスを見せており、むしろピッチ外にて話題を提供することの方が多い。

 そして今回はクラブとの溝が更なる深みをみせていることが露呈されており、サウサンプトン戦にて「規律面での問題」で、メンバー外となっていた32歳のガボン代表が、火曜午後にクラブ側から主将を解任したことが発されたのだ。

 特にミケル・アルテタ監督とはかなりの信頼関係が崩れ去ったといわれており、かつてドルトムントにて活躍をみせていた快速ストライカーは、同氏就任以来、絶対的な主力の座を得られておらず、引き続きウェストハム戦においてもメンバーに加わることさえない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報