ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年12月15日

セルヒオ・アグエロ、現役生活に幕「医師から勧められていた」

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通り、セルヒオ・アグエロが心臓疾患のために、現役生活にピリオドを打ったことを明らかにした。

 マンチェスター・シティ歴代最多得点誇り、今夏に加入したバルセロナにてクラシコで、移籍後唯一の得点を決めていたベテランFW。だがその1週間後の10月末、心臓疾患のために交代を余儀なくされていた。

 当初は3ヶ月の離脱が見込まれていたものの、遂にこの日に涙を浮かべながら行われた記者会見の席にて、現役生活にピリオドを打つことを発表。「あまり希望は残されていなかった。医師からは、引退を勧められていた」と明かしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報