ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年12月15日

インテル、エリクセンとの契約の解消間近か

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 クリスチャン・エリクセン自身は引き続き、キャリアを継続していく可能性はあるものの、それはこれまで在籍してきたインテル・ミラノでは実現しないようだ。

 今夏のユーロにて心筋梗塞を発症していた同選手は、今月初めに故郷のオーデンセBKで練習を再開。復帰に向けて動き出してはいるものの、ただ除細動器を装着しているためにセリエAにてプレーすることはできない。

 そのためインテルは高額サラリーを支払うデンマーク代表を起用できないことから、イタリアのメディアによれば契約の解消へと向かっているという。

 エリクセンはトッテナムにて6年半プレーし、2020年1月よりインテルへと移籍。翌年にはアントニオ・コンテ監督の下で優勝を果たしており、加入後60試合に出場。8得点3アシストを記録していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報